前日のワークショップ2件 に続き、翌日は小学校での講演でした。今回伺ったのは、福岡市立草ヶ江小学校様。

玄関から歓迎ムード。いっそうやる気が後押しされます。今回は「総合的な学習の時間」という枠のようですね。

講演スタート!

昨今の小学校では、体育館にもスクリーン・プロジェクター完備が普通なのですね。口頭だけでなく視覚的にもメッセージを伝えられるのでとても助かります。

一部の生徒の皆さんには、ステージへ上がっていただきました。これは、講演中に意見を聞いてみたり、クイズに回答してもらったり、双方向のやり取りをするためです。

こんな感じですね。

代表生徒の皆さんに壇上にいていただけると、話を振る際もフロアへ降りる必要がないので進行がスムーズですし、

ある意味ではTV番組で見られる「ゲスト講師からひな壇の芸能人が学んでいる」様子と似た雰囲気もあり、「お堅い講演」といった印象を緩和する意図もありました。

もちろん締めにはパフォーマンス!

壇上の皆さんには「正面の方が見やすいから、始める前に降りてもらえるかな?」と伝えたのですが、「やだ!近くで見たい!」という子もいたりして(笑)、それだけ親近感や興味を持っていただけていることも嬉しかったですね(そのまま横で見るかフロアから見るかはお任せしました)。

最後は質疑応答の時間も。

「なんでヨーヨーを始めようと思ったんですか?」

「『小学生の頃は運動が壊滅的だった』って言ってたと思うんですけど、なんで開脚とか背中反ったりとか、体が柔らかいんですか?」

などなど、時間に許す限りお答えさせていただきました。

閉会後、校長先生に御礼のごあいさつ。

先生方、そして調整に尽力いただいたPTAの皆さん、訪問の機会を作っていただき誠にありがとうございました。

皆さんの明るい未来を、心より願っております!